福井県勝山市の社会福祉法人 松文保育園のホームページです

モンテッソーリ教育

子どもの主体性を尊重する保育を行っています

幼児期にのみ現れる「吸収しようとする特別な生命力」を子どもは生まれながらに持っています。自分の身体を使って、自立へ自立へと向かっているのです。自分を伸ばそうとして、1つのことに興味、関心を示し、夢中になって行っている時期を大人が感じ取り、その力が十分に発揮できるよう一人ひとりの歩みに合わせて手助けをさせていただきます。

生き生きと活動できる場(環境)

子どもが「やってみたい」「触ってみたい」と思うような魅力的な環境を用意することを大切にし、満足できるまで繰り返し取り組めるように設定しています。

  • 自由活動では、自分でやりたい物を選び、それをやり遂げる十分な時間があります。
  • 本物の子どもサイズの生活道具や魅力的な教材・教具があります。
  • 豊かな自然の中で遊んでいます。
  • 幼児組はたてわり保育を行っており、3,4,5歳児の異年齢混合の子ども社会の中で育ちます。
  • 一方的に教え込むのでなく、いつも子ども中心で子どもの心に寄り添いながら関わる保育士がいます。

たてわり保育で育つもの

「見て学ぶ、やって学ぶ、教えて学ぶ」

小さい人は、大きい人が楽しそうにやっている姿を見て学びます。また、「次は何ができるようになるのかな」と先を見通した生活ができます。やがて、「私もやってみよう」と意欲的になり、挑戦するようになります。

大きい人は、小さい人が尊敬のまなざしで見つめてくれるので、気持ちよく生活を営むことができます。そして、小さい人が困ったときに、手伝い教えている姿があちこちで見られます。今まで習得したことを教えることで?自信や意欲を持ち、主体的に行動する子どもに育っていきます。

年齢の異なるいろいろな友だちと生活を共にすることは、豊かな人間関係を築き「人とかかわる力」が育ちます。

保育園の概要 保育園の一日 年間行事 モンテッソーリ教育 園歌 職員募集 保護者専用ページ 保護者専用ページ